Sample Image

最近の青汁は美味しいDelicious green juice

青汁の苦みの秘密

一昔前までは青汁といえば苦くてマズイ飲み物というイメージが定着していました。
それ故にテレビ番組などでも罰ゲームに使われていました。

この独特の味は一体何が原因となっているのでしょうか?
その答えは原材料にあります。

そもそも青汁は野菜を絞った新鮮なジュースのようなものです。
そのため、当然のことながら原材料の味をそのまま感じることになります。
今でこそ様々な工夫もなされていますが、ちょっと昔までは殆ど何の工夫もされていませんでした。

そして原材料は「ケール」100パーセントのものが主流となっていた為、
殆どの製品はケールの特徴的な苦みでマズイというイメージを定着させてしまったのです。

苦味の秘密は原材料である「ケール」にあったという訳です。
青汁をおいしく飲む方法は、http://www.freesites.ws/oi.htmlを参考にしてください。

美味しさの理由

しかし先述した通り、現在では様々な工夫がなされています。
ケールを100パーセント材料にしたものは次第に減っていき、
同等かそれ以上の栄養価を持つ「明日葉」や「大麦若葉」などが台頭してきたのです。

この二つは現在では材料としてケールと一位・二位を争うポピュラーな野菜です。
特に明日葉はスーパーなどでも見かけることができます。

この二つは特に苦味がないという大きなメリットを持っています。
むしろ甘みがあるほどで、多くの商品はこれらのいずれかを材料として使っています。

また無添加のものではなくなってしまいますが、抹茶やハチミツなどを混ぜることで、
味を調えてあるものもあります。

これは美容に主眼をおいた女性向けの商品などに多く見受けられる特徴で、
味とは関係ありませんが、時にはコラーゲンなどを配合している場合もあります。

なんといっても健康食品である以上、「継続して摂取すること」が最も大切です。
そのうえで味は重要なポジションを占めていると言っても過言ではありません。

だからこそ、自分が続けていくことが出来るような味の製品を選ぶようにしましょう。
もちろん、可能であれば無添加で無農薬の商品を選ぶことができれば理想的です。
上手に活用して健康を促進させましょう。
こちらのサイトには、青汁を美味しくできるのは自分次第という詳しい解説ページがありました。オススメのサイトですので、ぜひご利用ください。

Copyright(c) 2012 Analysis of the green juice All Rights Reserved.