画像

飲み方を工夫しよう

青汁には実に様々なタイプがあります。
代表的なのは粉末タイプですが、その他にもサプリメントタイプや冷凍タイプなどが存在します。
冷凍タイプは文字通り、凍っているのが特徴で、野菜の絞り汁を凍らせたものが容器に入っています。
飲むには解凍する時間が必要ですから、多少不便ですね。
サプリメントタイプはタブレット状になっているので、味や匂いを感じないのがメリット。
飲みやすさに関しては非常に優秀です。
さらに、栄養価が凝縮されているというのもメリットです。

そして、最後に残るのが粉末タイプ。
フリーズドライ製法などで粉末になっているので、水などで溶かすことになります。
粉末タイプは現在、もっともポピュラーな種類と言えるでしょう。
そんなタイプの使いこなし方を解説していきます。

まずは水に溶かすという方法。
これが一番ポピュラーですね。
ケールなどが原材料になっていると飲むのが辛いかも知れませんが、大麦若葉や明日葉なら多少飲みやすいかも知れません。
とはいえ、大麦若葉などが原材料に使われている場合でも、苦味が苦手な人はいらっしゃると思います。
そんな人は、ぜひ、牛乳に溶かしてみてください。
牛乳に溶かすことで甘みが増して、苦味やクセを抑えることができる様になります。
飲みやすさはググッとアップするはずです。

ただし、この使い方をするときは飲み過ぎに注意! 牛乳は意外とカロリーが高いので、飲みすぎると太ってしまうかも知れません。

その他の方法としてはヨーグルトに溶かすのがおすすめの方法です。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌もいっしょに摂れるので便秘を解消することができるでしょう。
腸内環境が良くなれば、免疫力が上がることも期待できます。
ニキビなどの肌荒れをケアすることも可能になります。

この様に色々な方法で楽しめるのも粉末タイプのメリットと言えるかも知れません。

ただし、継続することも考慮して飲み方について考える必要があるでしょう。
継続しなければ効果を実感することはできませんからね。
そこで意識して頂きたいのが、サプリメントの活用です。
先述した通り、サプリメントなら味も匂いも感じません。
粉末タイプのような楽しみはありませんが、それでもやはり、実用性だけを考えれば粉末タイプは非常にメリットが多い製品と言えます。
使い方次第では短期間でも十分な実感を得ることができるでしょう。

また、サプリなら味が気にならないので苦味が強いケールが原材料でもOKですよね。
ケールは栄養価が緑黄色野菜の中でもトップレベル。
ケールを原材料に使っている製品も選択肢にいれてみてください。