画像

ケールの栄養素

ケールは苦くてマズイと言われている野菜ですが、実は栄養素に関しては非常に豊富で健康にも美容にも大いに役立ってくれます。
その実力は「緑黄色野菜の王様」と称えられるほど。
非常に優れた栄養価があり、アンチエイジングにも最適です。

他の野菜と比べても豊富に含まれている栄養価としては、カルシウムが代表として挙げられます。
カルシウムというと、牛乳やチーズなどの乳製品に豊富に含まれている様なイメージがありますが、実はケールには牛乳の約2倍のカルシウムが含まれています。
100g中に含まれる量は約220mgと非常に豊富です。
メリットはそれだけではありません。
実は吸収率に関しても約1.3倍となっています。
つまり、牛乳や小魚などを摂るよりも効率よくカルシウムを摂ることが可能になる訳ですね。

カルシウムはイライラなどの解消にも最適ですし、骨や歯を健康にするのにも役立ちます。
骨粗しょう症の予防にもなるので、ロコモティブシンドロームをケアするのにもおすすめです。

この他には、β-カロテンなどがケールの魅力。
緑黄色野菜に豊富に含まれていることで知られているβ-カロテンですが、ピーマン100gには400μgしか含まれていないのに対して、ケールには7倍以上の2900μgが含まれています。
これは素晴らしいメリットと言えるでしょう。
さらにビタミンCも豊富であることから、美容や美肌への効果もしっかりと期待することができます。
アンチエイジングにはピッタリの野菜と言えますね。

ポリフェノールを豊富に含むという点でもアンチエイジングには最適です。
ちなみに、ケールはあらゆる野菜の中でも飛び抜けてポリフェノールが豊富なんですよ!
基本的な成分としては、食物繊維が含まれているのもメリットです。
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を両方ともバランス良く含んでいるのが特徴で、それ故に効果を実感しやすいのです。
便秘解消など腸の不調をケアするのにピッタリの働きを実感できますよ! もちろんコレステロール値を抑えるのにも役立ちます。

ちなみに、食物繊維は不溶性と水溶性をバランスよく摂ってこそ、効能を実感できるもの。
その点、ケールは非常に素晴らしい特性を持っていると言えますね。
そんなケールですが、サラダや料理には使いづらいのがデメリット。
やはり摂取するには青汁が一番です。

まずいというデメリットはサプリメントから摂取するなどでカバーしていきましょう!