画像

飲み続けることが大事

青汁の効果を実感する為には、とにかく飲み続けることが大切です。
なぜなら、健康食品は薬と違い、有効成分や日頃不足しがちな栄養素を継続的に身体に吸収させることによって様々な結果を導くものだから。
つまり一回・二回飲んだだけでは効いてこないのです。
逆に、そのポイントをしっかりと意識することによれば、実感度は高まっていきます。

しかし、青汁には最大のデメリットとして「苦くてマズイ」という点が挙げられます。
その為、長く続けて飲んでいくのが難しいのです。
結果を出ない・・・と悩んでいる方の多くは、この「続かない」という点で失敗しているのではないでしょうか? そこで提案したいのが、予め続けやすい製品を選ぶということ。

一番大切なのは「どんな味の製品を選ぶか」ですね。
そこで意識したいのは、主に製品のタイプ。
例えばドリンクタイプを選ぶか、あるいはサプリメントタイプを選ぶかは大きな分かれ道になるでしょう。
とにかく続けることを前提に選びたいというのであれば、断然、おすすめはサプリ。
サプリなら味や匂いを感じることはありませんからね。

とは言っても、やはり青汁は「飲んでこそ」という方もいらっしゃると思います。
その場合は飲みやすい原材料を選ぶのがポイント。
もっとも飲みにくい原材料として挙げられるのがケール。
ケールはもともと一番ポピュラーな原材料でしたが、その強烈な苦味から、最近では避けられる傾向があります。
ただし、非常に優れた栄養価を持っているのも事実です。
その為、匂いも味も感じないで済むサプリタイプならケールの製品を選ぶのが良いでしょう。
ドリンクタイプで選ぶのであれば、やはり匂いと苦味の強いケールは選ばないのが得策。
その代わりに、甘みのある「明日葉・大麦若葉」などを使ったものを選びましょう。

明日葉や大麦若葉は、それぞれに特徴があります。
明日葉の場合は、利尿作用などを持つカルコンという成分が豊富なので、デトックスやダイエットに最適。
腸内環境を良くすることもできます。
それによって便秘や下痢を解消することもできるでしょう。

大麦若葉は強力な抗酸化作用を持ったSOD酵素を含有しています。
その為、美容や美肌に優秀な働きをしてくれるのが特徴です。
いつまでもキレイで若々しくいたいという人は注目の原材料ですね。

いずれも味に関してはクセがなく、お子様でもジュースの様に飲むことができますよ! お子様の野菜不足解消にも是非活用してみてください。