画像

ミネラル類の働きを説明

ミネラルとは、五大栄養素の一つで無機質とも言われているもの。
身体の組織をつくる基本となってくれる人間に欠かすことのできない成分です。
身体の機能を維持したり、調整してくれる役割があるので、しっかりと補給する必要があります。
そもそもミネラルは体内でつくりだすことができません。
身体の外から食品などで摂取するしかないのです。
だからこそ、必要な分を必要に応じて摂取することが大切です。
沢山摂れば良いというものでもなく、バランスが大事になるのも特徴。

青汁から摂取できるミネラルとしては、代表的なものにカルシウムが挙げられます。
カルシウムというと、牛乳やチーズなどの乳製品から沢山摂れるものというイメージがありますが、実は緑黄色野菜にも沢山含まれているのです。
例えば、青汁の最もポピュラーな原材料として知られているケールにも豊富に含まれています。
なんと牛乳の二倍の量が含まれていると言うのですから驚きですよね。
しかも、吸収率に関しても非常に高いという特徴があります。
牛乳の約1.3倍もの吸収率があるそうですよ!
カルシウムには、骨や歯を丈夫にする働きがあると言われています。
また、不安やイライラなどの精神面へのケア作用もあると考えられています。

その為、骨粗しょう症やロコモティブシンドロームを予防したいと考えている方は、積極的にケールが原料となっている青汁を飲むと良いかも知れません。

青汁に含まれているミネラルには、他にも鉄などが挙げられます。
鉄は現代日本人が不足しがちになるミネラルの一つ。
特に女性は積極的に摂取したい栄養素と言えます。

鉄の体内での働きは、血液を構成するというもの。
赤血球になり、栄養素や酸素を身体中に運搬してくれるので、健康的な生活には欠かせません。
不足してしまうと、身体がだるく感じたり、疲れがたまりやすくなります。
やる気が出ないなど精神的にも悪影響が生じることが多いので、積極的に摂りたいですね。
この成分もケールをはじめ、明日葉や大麦若葉に含有されています。
青汁で十分に補給できるので、ぜひ役立ててみてください。

この他には注目したいミネラルとして、亜鉛が挙げられます。
亜鉛は成長を促進してくれる効果もあるので上手に活用したいところ。
さらに、抜け毛を予防する効能などもあるので、男性は注目ですね。
二日酔いを予防してくれるというのも男性にとってはメリットでしょう。

この亜鉛も青汁に含まれています。