画像

ビタミン類の働きを説明

野菜不足によって生まれる最大の問題は、ビタミン類をしっかり摂取できないということ。
特に緑黄色野菜に含まれているビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用を持つ栄養素を摂取するのが難しくなってしまうというのが悩みどころです。
だからこそ、青汁などの健康食品を上手に使いこなしながら、生活習慣を改善していくことが大切になります。
健康と美容の為に、野菜不足を解消していきましょう。

ここでは、野菜に多く含まれるビタミンの働きや特徴などについて詳細に解説していきます。

ビタミン類

ビタミン類の代表的な存在として挙げられるのが、ビタミンCです。
ビタミンCはケールなど青汁の原材料となる野菜にも豊富に含まれています。

その最大の特徴は、抗酸化作用を持っているということ。
透明感のある肌を手に入れたいという人は積極的に摂取したいところです。
水溶性のビタミンである為、身体の中にためることができず、その為しっかりと毎日補給していくことが大切になります。
美白・美肌づくりに取り組む為には、その点も考慮した摂取がポイントになりそうです。

また、コラーゲンの合成をサポートするという役割も持っています。
ビタミンCがないと、身体はコラーゲンをつくることができないのです。
こういった側面からも肌をキレイにする為に欠かせない栄養素だということが分かります。

ビタミンAも強力な抗酸化作用を持っていることで有名なビタミンですね。
大麦若葉などに含まれているβ-カロテンは、体内で、このビタミンAに変換されていきます。
ビタミンCとは異なり、脂溶性のビタミンなので身体に貯蔵することも可能です。
β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAになってくれるので、便利に活用しましょう。

また、アルコールを大量に摂るとビタミンAは消耗されてしまいます。
基本的には欠乏しにくい性質を持っていますが、その点に気を付けておきましょう。

ビタミンEも抗酸化作用を持っているビタミンです。
ビタミンCとは異なるフリーラジカルを除去してくれるので、これも意識的に摂りたいところ。
もちろんケールや大麦若葉など、青汁の原材料になる野菜には豊富に含まれていますから、別途サプリなどを活用する必要はありません。

もちろん青汁に含まれているのは、ビタミン類だけではありません。
ミネラル類をはじめ、特有成分と言われるような特殊な栄養素も含まれています。
さらに、便秘解消に役立つ食物繊維が含まれているのも特徴です。
上手に活用して健康と美容に役立てましょう。