画像

便秘を解消しよう

青汁は便秘を解消することができるという効果を持っているのも魅力です。
その背景にあるのは、食物繊維がたっぷりと含まれているということ。
食物繊維は腸内の毒素を吸着して、そのまま体外に排出することができるというのが特徴で、それによって腸内環境をキレイにしてくれます。

そもそも便秘というのは、腸内環境が乱れることによって生じます。
腸内環境が乱れるのは、腸に悪玉菌が増殖してしまうから。
悪玉菌が増殖してしまうのは、生活習慣の悪化やストレスなどに原因があるのではないかと言われています。
これらの要因をケアすることも大切ですが、それだけではやはり不安。
そんなときに活用したいのが、青汁です。
青汁は野菜を絞ったジュースのようなものですから、緑黄色野菜にたっぷりと含まれている食物繊維をしっかりと摂ることができます。

食物繊維が豊富に含まれていることによって得られるメリットは上記した通り。
腸の中がキレイになって、悪玉菌を減らすことができるのです。
もちろん、それだけではなく生活習慣を見直すことも大切。
その点をしっかりと意識しながら、健康食品全般を活用するのは、効能の実感の鍵とも言えるでしょう。

また、例えば青汁だけでなく乳酸菌も一緒に使うのもおすすめ。
乳酸菌をはじめとする「プロバイオティクス」は腸内で悪玉菌に抵抗してくれる善玉菌という種類の細菌。
これが腸内に増えることによって悪玉菌が増えにくくなり、便秘を解消することができます。
それだけでなく、免疫力が向上したり、肌がキレイになったりなどなど。
メリットも増えるので青汁との相性は非常に良いと言えるのではないでしょうか。

逆に腸内環境が悪い状態。
つまり、悪玉菌が多く善玉菌が少ない状態では、悪玉菌が悪性の物質(いわゆる毒素)を大量に分泌してしまいます。
そういった毒素は腸壁から吸収されて、血管を介して身体中にばら撒かれてしまいます。
これは非常に由々しき事態。
なぜなら、この毒素が肌に届けられるとクスミやニキビなどの原因になるからです。
だからこそ、便秘は早めに解消する必要があります。

早寝早起きや食事メニューの改善など、生活習慣を見直しながら青汁を活用しましょう。
そのうえで乳酸菌などのプロバイオティクスなども活用すると効率よく腸を健康に導くことができます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに、便秘解消ならおすすめはケールを原材料にした製品です。