画像

青汁の味について

しばしば、罰ゲームなどにも使われることのある「青汁」は、その独特な苦味が特徴的。
好きという人もいらっしゃいますが、飲みにくくマズイと感じる方の方が大多数と言えるでしょう。
そんな背景から、健康に良いということは分かっていても、なかなか手が出ないという人も少なくないはず。

しかし、実はそんなマズイというイメージは過去のものとなりつつあります。
最近では味がおいしく、さっぱりと飲める製品が増えているのです。
ジュースの様な感覚でお子様でも飲める味わいのアイテムが急増しています。
その背景にあるのが、原材料の変化です。

少し昔までは一般的な原材料として、ケールという野菜が使用されていました。
ケールはキャベツの原種として知られている食材で、非常に苦味が強いのが特徴です。
生では食べられないほど固く、サラダなどには向きません。
しかし、それとは対照的に栄養価が豊富で緑黄色野菜の中でも飛び抜けて高い栄養価を持っています。
そんな理由でちょっと前までは、青汁と言えばケールを使うのが一般的でした。
その為、苦味が全面に押し出されてしまう「まずい」飲み物であるという認識が広がっていったのです。

それに取って代わって、最近では原材料に様々な野菜が使われる様になっています。
代表的なのは大麦若葉や明日葉など。
これらの野菜はケールとそん色のない栄養価を持っていながら、味わいも癖がないので、前は青汁を飲めなかったという人からも愛用されています。
お子様でも美味しく飲める、新しい形の青汁と言えるでしょう。

そもそも、青汁に即効性はありません。
しっかりと飲み続けることによって、それに含まれる栄養素が身体に浸透し、最終的に美容や健康に役立つというのが効果実感までのプロセス。
それを考えると「すぐ辞めてしまう」「マズイから続かない」というのは由々しき問題です。
だからこそ、味わいの良い製品を選ぶというのがポイントになってきます。
美味しく続けたい!という方はぜひケール以外の原材料もチェックしてみてください。

また、ケールならではの栄養価の高さを実感したいという場合はサプリメントタイプなどを活用すると良いでしょう。
それなら味を感じずに済みますから、続けるのも簡単です。
栄養価も凝縮されているので、効率よく、不足しがちな成分を補うことができます。
最近では非常に人気のある摂取方法ですよ。
ぜひ試してみてください。