画像

「なぜ健康に良いのか。実体験と考察」

青汁は健康食品の代表格。

近年急速に全国に広まりましたが、実は千年以上昔から存在していました。
医心方という現存する日本最古の医学書にも載っているそうです。

戦後の食糧難の時代、医師でもあった青汁の父「遠藤博士」は、独自に青汁を作りました。
家族や患者、近所の方にも配ったそうです。
初期に使用したのはクズ野菜だったそうですが、青汁を飲んだ人たちの栄養状態や体調は改善されました。

さらに遠藤博士は研究をすすめ、「ケール」にたどり着きました。
ケールは現在でも青汁の最も有名且つ有力な原材料です。
現在では、様々な工夫が凝らされた青汁が販売されていますが、これらの源流は遠藤博士の作り出した青汁なのですね。

私も一度、元祖ケール生絞りの青汁を試してみましたがクセが強くて一口で断念した経験があります。( ;∀;)
しかし、青汁の栄養成分の素晴らしさを知っていたので、どうしても生活には取り入れたくて「私でも飲める味で、栄養成分がしっかり含まれている良質な青汁」を徹底的に探し始めました。

「身体の中までアンチエイジング!」

青汁の素晴らしいところは、身体の内側も外側もアンチエイジングしてくれるということです。
人は呼吸によって取り込んだ酸素から活性酸素を生成し、身体を守ります。
しかし、ストレスなどの要因によって活性酸素は過剰に生成され、細胞をも攻撃し始めます。
なんとDNA鎖や配列にまで多大な悪影響を及ぼします。
これが老化や癌などの病気の原因となります。

逆にいえば、若々しさ維持や健康維持には「増えすぎた活性酸素を除去・無毒化する」のが有効ということです。
青汁には大変強力な抗酸化物質が何種類も含まれています。
活性酸素は4種類あり、それぞれのタイプに適した抗酸化物質を摂取することで無毒化・除去することが出来るのですが、 青汁にはこの4種類に対応した強力な抗酸化物質がバランスよく含まれています。

●ビタミンC
活性酸素:スーパーオキシドアニオンラジカルを除去、無毒化
活性酸素:過酸化水素を除去、無毒化
活性酸素:一重項酸素を除去、無毒化

●ビタミンE
活性酸素:ヒドロキシルラジカルを除去、無毒化
活性酸素:一重項酸素を除去、無毒化

●β-カロテン
活性酸素:ヒドロキシルラジカルを除去、無毒化
活性酸素:一重項酸素を除去、無毒化

●スーパーオキシドディスムターゼ(SOD酵素)
活性酸素:スーパーオキシドアニオンラジカルを除去、無毒化

「病気予防のカギは青汁」

以上のことから分かるように、「活性酸素をやっつけるには抗酸化物質ならなんでもOK」という話ではありません。
「この活性酸素はこの抗酸化物質でなければ無毒化できない」という部分まで踏まえておくことが大切。

青汁には、4種類すべての活性酸素に有効な抗酸化物質が含まれていますので
「老化防止・がん予防・生活習慣病予防・内臓の病気予防」に最適なんです!