画像

青汁は副作用がないSide effect

そもそも副作用とは?

しばしば健康食品を服用するときに【副作用】を意識する方がいらっしゃいます。
しかし実際のところは、健康食品やサプリメントの摂取でこれが起こる事はありえません。

副作用とは「医薬品」を服用したときに起こり得る「必要のない作用」のことを指しています。
このリスクを孕んでいるからこそ、医薬品は即効性を発揮するのです。

もちろん、いくら医薬品を服用したところで体質を改善するという性質のものは殆どない為、
あくまでも一時的に症状を抑えるということになってしまいます。
さらに副作用のリスクもあるのです。

これに対して健康食品は体質を改善するという目的で栄養分を摂取していきます。
もちろん即効性はありませんが、身体に自然に働きかけて体質を改善します。
こちらに青汁で便秘解消についての詳しい解説があります。

それ故に健康食品が空前のブームとなっています。
その代表的な例として「青汁」が挙げられます。

青汁を服用するうえでの注意点

先述したように、青汁には副作用が一切ありません。
医薬品でない以上、その可能性はゼロに等しいといえるでしょう。

しかし、その他には注意するべき点がいくつか挙げられます。
ここでは、その注意点を解説しています。

まず第一に薬との併用には注意が必要です。
代表例としては「ワーファリン」が挙げられるでしょう。
これは心臓などの疾患を持っている人に処方される医薬品で、血栓などの対策に用いられます。

しかしワーファリンと青汁を同時に服用してしまうと、
ビタミンKの影響でワーファリンの作用が薄れてしまう可能性があるのです。

この他にも悪影響を及ぼしてしまう薬がある可能性も少なくありません。
もし服用している薬がある場合は専門家である医師に相談しましょう。

また第二に「過剰摂取」にも注意する必要があります。
青汁は即効性があるものではありませんから、なかなか効果が実感できないとじれったくなるものです。
しかし、一度に大量に摂取しても成果は変わりません。
むしろ体調を崩してしまうリスクが出てしまう可能性もあります。

正しい服用方法http://www.nabilonline.net/coloronline.htmを意識して、
上手に活用したいものです。
パッケージや説明書に記載されている用法と用量は必ず遵守しましょう。