画像

豊富な栄養素Nutrient

様々な栄養素が健康を支える

ガンなどを代表とする生活習慣病やダイエットなど様々な悩みを解決する「青汁」ですが、
これらの効果・効能は一体なんの影響を受けているからなのでしょうか?

ここではケールを代表とする殆どの原材料に含有されている栄養素を解説していきます。
他の青汁の栄養素はこちらをご覧ください。
ミネラル・ビタミンなどを中心に青汁は様々な栄養素で私たちの健康を支えます。

ミネラル

【カリウム】
人間が活動するのに欠かせないミネラルのひとつです。
ナトリウムとバランスをとりながら血圧を調整する働きを持っています。
さらに新陳代謝の向上や腸内の状態を整える働きを持っているためダイエットに最適です。
蓄積されたストレスを鎮静化するという作用もあることから、
非常に有用性の高い栄養分だといえるでしょう。

【カルシウム】
骨の形成している重要な栄養素の一つです。
カルシウムの不足はストレスの原因になるともいわれており、同時に骨粗しょう症のリスクも高めます。
日本人がもっとも不足しがちなミネラルとしても知られており、
老若男女を問わず、積極的に摂取するべきだといえるでしょう。
また、ビタミンKと一緒に摂取すると骨粗しょう症予防に効果的だと言われています。
青汁にはビタミンKも豊富に含まれているので効果は抜群でしょう。
骨粗鬆症予防にはイソフラボンも効果的ですので、青汁と一緒に試してみてください。

この他にも色々なミネラルが含まれています。
そもそもミネラルは摂取しすぎても不足しても問題が起こりやすいものです。
過剰摂取はせずに、毎日決められた用量を飲用しましょう。
こちらのサイトの「青汁の原料と栄養分」のページも参考になるかと思いますので、ご覧になってみてください。

ビタミン

【ビタミンC】
肌の健康を保つために重要な役割を果たす栄養素です。
また、抗酸化物質の代表といえるような成分でもあります。
ビタミンCだけに関していえば過剰摂取を心配する必要はありません。
上記の抗酸化作用で美白や美肌をサポートすることで多くの女性が積極的に摂取しています。
シミやシワなどの肌トラブルを解決してくれる心強い美容の味方です。

【β(ベータ)カロテン】
緑黄色野菜に豊富に含まれているビタミンAに変化するという性質を持っています。
もっとも代表的な働きとして挙げられるのが免疫力の向上です。
免疫力が上がれば、風邪やインフルエンザなどの病気からも身体を守ることが出来ます。
成長を促す作用もあるので、小さな子供や成長期の学生が積極的に摂取したい成分です。