画像

服用に際しての注意important point

継続することが何よりも大事

そもそも青汁は野菜を絞って抽出した新鮮な野菜のジュースの様なものです。
それ故に一日分の野菜の栄養をコップ一杯で摂取することが可能です。

とはいえ、医薬品のように飲んだ数時間後に効果があらわれるというわけではありません。
青汁を摂取することによって身体が本来の機能やバランスを取り戻し、
そこから改善すべき疾患などの不良点を改善していくというメカニズムです。

そのため、毎日しっかりと服用しなければいけません。
いわゆる「継続的な摂取」が必要不可欠なのです。
実際に何かしらの効果を実感できるまでに要する期間はおおよそ3か月程度と考えてみましょう。

もちろん個人差があるため、この目安よりも大幅に早く症状を改善できたり、
もっと時間がかかるという可能性も十分に考えられます。

また、当然のことながら自分が期待している作用が真っ先に訪れるとは限りません。
まったく期待していなかったような効果が最初に出る可能性も十分にあります。
とはいえ、途中で投げ出してしまったら何の意味もありません。

継続的に摂取することで身体は絶対に健康な方向に改善されていきます。
あせらず真面目に服用を続けるようにしましょう。
こちらのサイトに、美味しく飲む方法が紹介されています。

摂取するのを控えるべき場合

心臓や血流などに疾患がある方の場合は血液が固まって血栓を形成しやすいという性質があります。

それを防ぐために「ワーファリン」という薬を服用する場合がありますが、
この薬を服用している間は青汁の服用は差し控えるべきだと考えられています。

これは青汁に含まれているビタミンKがワーファリンの効果を薄めてしまうという事が原因です。
もし服用しているという方は少なくとも医師に相談するようにしてください。

また、これは青汁だけに言えることではありません。
この他の代表例としては「納豆」などが挙げられます。
いつも食べていた食品だからと気を抜かずに十分に気を付けてください。

健康な状態の方についても過剰摂取は控えて下さい。
お腹がゆるくなってしまうことがあるようです。
何事も過ぎたるは尚及ばざるがごとしというものです。
くれぐれも正しい使用方法を心がけるようにしましょう。
こちらのサイトには、青汁ダイエットの注意点について解説されています。わかりやすいので是非ご覧になってみてください。